家計簿の作り方を紹介します!【Googleスプレッドシート】

資産作り
スポンサーリンク

こんにちはまつお(@matsuo_edu)です。

やまこ
やまこ

皆さん新年おめでとうございます!

年の初めなので収支管理のファイルを更新しました。twitterにupした所、作り方を教えて欲しいという声が多かったので紹介します。使える部分だけ使って、後は改良下さいね。

Slider
まつお
まつお

最初にMatsuoが作っている家計簿を見て下さい!上のスライドは3枚あります。

家計管理はExcelよりスプレッドシートがオススメ

僕はGoogleのスプレッドシートで家計簿を作っています。その理由を解説します。

外出していてもスマホからすぐに家計簿に記入ができる

selective focus photography of person using smartphone

Excelだと家のパソコンから入力するイメージが強いと思います。

やまこ
やまこ

最近はどうか分らんがね。

最近だと入力もできるのでしょうが、使い勝手がスプレッドシートの方が良いと思っているので僕はGoogleスプシを好んで使っています。好みの問題もあるかもしれません。

まつお先生
まつお先生

excelって立ち上げにめちゃくちゃ時間がかかりません?あれ、我が家のPCだけかな…?

Google Finance関数が便利で有益だから

Google Financeによる株価取得はこんな感じです。

関数というとExcelをイメージするでしょうが、Googleスプレッドシートでも同じことができます。

例えば、Sum関数やAverage関数といったExcelで使っていた関数は同様に使えます。それに加えて、Google Finance関数が使えます。

まつお
まつお

これが便利なんだよなあ

例えば、「今日から遡って30日分の為替を取得して欲しい」だとか、「SPYDの現在の株価を取得してくれ」だとか、そういうことが簡単にできます。僕は家計管理の他に資産管理のシートも作っているのですが、そちらではGoogle Finance関数を使って株価を取得し、持っている株数をかけて、持ち株の時価総額を算出しています。これがとても便利なんですよね。

ちなみにですが、日本株には対応していませんので別の方法が必要になります。そちらはお調べください。

夫婦間の共有が簡単

Couple travelling in car together

「家計管理」なので僕の場合は嫁にも協力をしてもらう必要があります。

スーパーの買い物の主体者は嫁。僕がシートさえ作ってしまえば共有は簡単です。共有ボタンで嫁のグーグルアカウントを入力してポンと押すだけ。それで嫁がアクセスできるようになります。家計管理シートを嫁のスマホのホーム画面に出して使ってもらうだけです。

やまこ
やまこ

難しいシートだったら使いたくないな。

僕たちは二人ともAndroidを使っていることもあり、Microsoft製のExcelよりも、Googleスプレッドシートの方が便利なんです!iPhoneユーザーであってもgoogleは利用すると思うので誰にでもお勧めですね♪

まつお先生
まつお先生

それでは、私たちが使っている3種類の家計管理シートを紹介するぞ!

スポンサーリンク

シート①ライフプランシート

家族, 親, 母, 父, 幼児, 生活, 夜, 徒歩, ライフスタイル, 娘, レクリエーション, レジャー

一つ目がこのライフプランシートです。

1か月、1年ごとの収支をつけただけでは見えてこない所もやはりあるので、ライフプランシートを作っています。

ちなみに、昨年の手取りより今年の手取りが多くなっています。昨年度の手取りにはボーナスが含まれているためです。今年度から分離して計算しているため変になっています。

大きな支出の把握、イベント記録となる

まつお先生
まつお先生

あれ、次の車検いつだっけ?

こんな風に曖昧な時がありますよね。その時に、ここに記入されているので出先でもすぐに分かります。

また、振り返った時に、令和1年の3/1に引越しをしたんだったな~と振り返ることもできます。自分たちの人生の歩みが分かるのも可視化のメリットの一つですね。

年間収支を記録して蓄積ができる

2020年度から本格的に使い始めました。

今後、毎年毎年しっかり記録をしていけば家計がどのようになってきたかを把握することができます。自分たちの傾向を分析したり、昨年同期比と比べてどうかなどといったことを考えることができるようになりますね。

スポンサーリンク

シート②年間収支シート

Crop payroll clerk counting money while sitting at table

二つ目が年間収支シートです。

関数の部分を見てもらえば分かりますが、1月~12月までのシートを参照してB3のセルに入っている数値を合計してくださいと書いています。

毎月の支出額を網羅できる

このシートがあることで、今年の支出はどうなっているのかが分かります。今年はこれだけかかっているのかというのが分かって面白いですよ。

まつお
まつお

家計管理は楽しまなくちゃ♪

年間の貯蓄力を計算できる

右側にはまとめの欄を作っています

パーセンテージは収入に対する項目ごとの割合です。

まつお
まつお

2020年の支出割合は収入に対して73.1%で、年間貯蓄力は38.89%となりました。年間貯蓄が4割いったら相当素晴らしい家計管理だと言えますね!

昨年度との比較ができる

こちらも昨年度から作り始めたので今年はようやく比較ができます。分析が大好きな僕にとっては比較ができるのもグッドポイントです。

スポンサーリンク

シート③月間収支シート(12シート)

最後に、最も使用頻度が高い月間収支シートです。

記録するのは収入、固定費、変動費、一般消費、投資の5項目

大きく分類すると5つの項目を管理しています。

月間収支シートで管理しているもの
  • ①収入…夫婦の給料、ボーナス、雑収入、配当金
  • ②固定費…家賃、光回線、保険、奨学金、iDeco掛金(過去には車のローンも)
  • ③変動費…電気、ガス、水道、スマホ
  • ④一般消費…食費、外食費、被服費、美容費、交通費、娯楽費、医療費、雑費、必要経費、日用品費、養育費、その他
  • ⑤投資…夫婦のつみたてNISA、日本株式(ネオモバ)、米国ETFの積立

特に④は必要経費を入れておくと良いと思います。結婚式のご祝儀やお葬式の香典などがここに入ります。

複数の場所からもらう収入の扱い方

給料は、毎月受け取ったら手入力をしてください。

雑収入や配当金は複数のところから受け取る可能性が高いです。そういうものはいちいち計算するのが面倒なので列を決めて入力します雑収入の欄には「sum(R:R)」と入力しています。R列の全ての数値を合計してくれよと指示している訳です。配当金も同様です。

固定費、変動費は手入力する

固定費と変動費は複数の場所に支払ったりしないので、その都度書き込んでいます。

まつお先生
まつお先生

固定費は一回書き込めば同じなので、コピーして使っています。たまに「変わってないよな?」とチェックすれば良いと思いますよ。

一般消費は枠を作り関数で管理

一般消費は少し複雑ですね。

僕が普段支払うお金には食費や雑費、日用品費、養育費などさまざまな支出項目があります。それを一つにまとめてしまうと何にお金を支出しているか分からなくなってしまうため分類しています

手入力は面倒なので、先に枠組みを作っていきましょう。

ここでは、「sumif関数」を使います。基本的な事はぐぐってね。

D4セルに1ヶ月間の食費の合計金額を出す方法
  • ①D4セルにSUMIF関数を入力する。
  • ②青色の「一般消費の部≪明細≫」に支出を手入力。
  • ③自動で「食費」にかかった金額だけがたし算される。 

これは昨年の9月のシートです。イメージ作りのために持ってきました。

実際はまだまだ下に続いているのですが、こんな感じです。

僕は緑色の「一般消費の部」という所は普段一切手をつけていません。一度作ってしまえば後はノータッチです。

僕が普段入力しているのは青い「一般消費の部≪明細≫」です。

ここに入力すれば自動反映される仕組みです。我が家では、「ポイント消費=お金の支出はしていない」という傍若無人なルールを作っています(笑)そのため、Point欄がありますが、ここは消去しても良いと思います。

プルダウン式のリスト選択にする

費目を毎回打ち込むの面倒なのでリストになっていた方が良いですよね。

手順としては次のような感じです。

費目の簡単な入力方法を作るリスト化
  • ①範囲指定する(例:I4:I50)
  • ②「データ」→「データの入力規則」をクリック
  • ③「条件」の欄に、費目を指定する。(C4:C15)
  • ④「保存」を押して完成。
まつお先生
まつお先生

一度作ってしまえば楽なので頑張ってくださいね!

家計簿の見た目を美しくする方法

スプレッドシートには見た目を美しくする機能が備わっています。それが「交互の背景色」です。設定の仕方を紹介します。

交互の背景色を使って美しくする方法
  • ①交互の背景色にしたいセルを範囲選択
  • ②表示形式→交互の背景色をクリック
  • ③デフォルトスタイルから選ぶ

投資は国内と外国株で分けて管理

次に投資です。

国内の株式は手入力する

僕は単元株は毎月の収支には記載していません。ネオモバで積み立てた投資の分だけ記録しています。記録しているのがL2~P16の緑色の部分です。

ネオモバで株式を購入した日はこちらに株数と約定した金額を入れます。合計の欄には、最初から「株数*単価」で支出した金額が計算されるように設定しておきます。

米国株式は為替を自動取得させる

まずは支払ったドルを入力します。1/1は110ドル分の株を買った設定です。

日本株と違って米国株の取り引きの場合には為替が関係してきます。為替は株価同様毎日動くので、いちいち調べて記録するのは面倒です。面倒なことはしたくありません。そこでgoogle finance関数です。

Google Finance関数で為替を自動表示する方法
  • V2に日付と記入しV3から日付を書いていく
  • W2に関数を記入「=googlefinance(Y2,”price”,Y3,Y4,”DAILY”)」
  • Y2にドル円為替の「USDJPY」を入力
  • Y3に調べる期間の開始日を入力(例1/1)
  • Y4に調べる期間の終了日を入力(例1/31)
  • 過去の株価が表示される。(未来は無理)

これで準備が整いました。

為替を取得したいP19セルに関数を入力します。関数は「=vlookup(L19,V:X,3,false)」です。

まつお
まつお

関数の解説するで。これは、「L19に書いた日付と同じ日付が書いてあるセルをV~Xの中で探してくれ。見つけたら3番目のセルを抽出してくれ」という関数です。

L19の日付は1/1なので、V3が同じ日付ですね。そこから数えて右に3個目が抽出されました。

後は、総額の欄には「=支払額*為替」の計算式を書いてコピーしておけば自動で計算されるようになるって訳です。できるだけオートマチックにしたくて今年から取り入れました。

スポンサーリンク

まとめ:経済的自立には支出の可視化が有効です!

今回の記事は関数なども入っていて難しかったかもしれません。しかし、これを自分で作成できる容認なればさまざまな分野で応用できます

何度も発信してきましたが、経済的な自立の為には可視化が極めて有効だと僕は思っています。

皆さんのお役に立っていれば嬉しいです。

分かりづらい所などございましたら、記事へコメントいただくか、twitter(@matsuo_edu)まで問い合わせいただければお答えいたします。

資産運用、投資について学ぶ方へ

資産管理・投資について記事をたくさん書いていますのでご覧くださいね。

2020年の収支

家計管理・投資でお勧めの書籍

いかに人々が貯蓄ができないかを書いた記事

なぜ投資が必要なのかを書いた記事

若いうちからの積立投資がいかに有効かを書いた記事

コメント

  1. すごい。。。すごいです。。。こんな有用な情報を・・・ありがとうございました!
    できる範囲でやっていきます。

タイトルとURLをコピーしました