~初任者に知識武装を~ 教師6年目が初任者に勧める良書5選!

小学校教員があると便利なグッズを現職レビュー

小学校教諭

仕事効率化を求めていろいろなことをやってきた私ですが、これがあって良かったという便利グッズをまとめて紹介したいと思います。

まつお先生
まつお先生

ゴリゴリに主観丸出しの記事ですのでご容赦ください(笑)

道具で仕事のしやすさがまるで違うので生産性を上げたい人は思い切って買うのもお勧めです!

まつお先生がこの記事をオススメする人
  • 小学校教諭の仕事に役立つ道具が知りたい人
  • 他の先生がどんな道具を使っているか知りたい人
  • 数ある商品の中からオススメを知りたい人
  • 学校現場に飛び込むけど、準備物が分からない人

この記事では以下のようなランク付けで紹介をしています。

紹介の仕方についての説明
  • 担任が持っていると便利な物
  • 教室に置いておくと便利な物
  • 授業で重宝する物

担任が持っていると便利な道具

毎日使っている物を紹介していきます。仕事が一気にはかどると思いますのでお勧めです!

文具エプロンバッグ(ボディバッグ)

体育館やグラウンド、廊下、特別教室と学校の中で毎日1万歩以上歩いています。

違う場所に行った時に、「ハサミがない!」「ペンがない!」と探し物をすることがとても多くありました。物を取りに行って休み時間が終ってしまうなんてことも…(´;ω;`)

心の友
心の友

残念だけど「あるある」だよね。

ネットでこちらを見つけ、「すごーい!」と思って購入。使ってみて、物凄く便利です。是非みなさんにもお勧めしたい商品です。何種類かあるのですが、ファスナーを開け閉めするのも面倒なので上部が常に開いているタイプがお勧めです。

僕がこの中に入れている物を紹介しますね^^

文具エプロンバッグに入れている物
  • ステープラー・ハサミ・ペン等の文具類
  • コンパクトデジタルカメラ
  • ティッシュ・ウェットティッシュ・ポリ袋
  • 最近だと体温計(コロナ対策)
  • 絆創膏などの保健用品

必要な物は「全部」ここの中に入っています!

キャップレス9(キャップレスのはんこ)

音読カード、検温表など最近は特にハンコを押す機会が多くなりました。(昔から多すぎますが…)個人的にはハンコ文化なんて不要と思っていますが、現状使います。そこでキャップレスにしました。いちいちキャップを外しているのは面倒ですからね。

これは便利とかでなくて、絶対必要レベルです。

薄型コンパクトデジタルカメラ

厚いカメラは使い勝手が悪すぎます。

僕はエプロンバッグに常にカメラを忍ばせています。写真を撮りたい場面は急にやってきますからね^^以前は普通サイズのサイバーショットを使っていましたが、「常に持ち運ぶ」という僕のスタイルには適合しませんでした。

そこで買ったのがこの超薄型カメラです。速度も速く安定感ある◎商品です。

学級通信、記録、さまざまな所で写真が有効活用できますよ^^

キャラクタースタンプ(ご褒美スタンプ)

僕的には欠かせないのがこの「ご褒美スタンプ」です。

心の友
心の友

これがまた魅力的な道具なんだよね^^

子ども達は、スタンプをもらうだけでテンションが上がってますし、僕も上がります!コミュニケーションのきっかけにもなり鉄板なグッズですよね^^

上のまるちゃんスタンプはインク台でインクをつけてから押しますが、次のミッキーはインク台なしでそのまま押せるタイプです。

最近は時短もかねて、こちらのスタンプが多くなってきました。

子どもが喜ぶ→集めるのが楽しい→無限に増えている・・・のは否めません(^^)/

まつお先生
まつお先生

違うキャラクターのものは、「ドラえもん ご褒美スタンプ」などと検索すればたくさん出てきますよ^^

教室に置いておくと便利な物

ここは学校が用意してくれていれば良いものも含まれています。すべて担任のポケットマネーで揃えよう等と考えないでくださいね。必要な物は経費から落としましょう。

ステープラー(3個以上がオススメ)

何かと使用頻度の高いステープラーは、3つ備えています。子どもに貸す用なので、安い物で十分です。こういう物は別になくても良いんですが、あった方が教師生活がスムーズに行ってストレスフリーに繋がるんですよね^^

まつお先生
まつお先生

仕事の満足感を高めていくスタイルです。

貸出用えんぴつセット(3個以上がオススメ)

「先生、筆入れ忘れました」は、1週間に1回ぐらいは聞くセリフです。

いちいち叱っているのも時間の無駄です。連絡帳に忘れ物を記入させたらさっと貸してあげる。これが鉄則。ということで僕は3つ用意しています。中身は鉛筆3本、赤青鉛筆、消しゴムです。こういう準備が無駄を省いてくれます。

大量の紙類(A4用紙・B4用紙)

何かと使う紙類は常に教室に置いておきましょう。学校にあるものを使えば良いです。ただ、何も言わずに置いておくとお絵描きなどに使って無法地帯化するので、必要な場合には必ず先生に断ること、どういう時に紙は使うのかを示しておくことが重要です。

セロハンテープ台(2個以上がオススメ)

一つだけだと使いづらいです。図工の時など、結構使います。子ども達は「マイセロハンテープ」を持っていますが、案外すぐになくなって「テープ貸してください」と来ます。貸して、返ってきた試しは一度もございません(笑)

心の友
心の友

なぜか「下さい」ではなく「貸してください」って子ども達いいません?

テープ台は安いもので大丈夫ですよ^^

A4、B4サイズのバスケット(大量保有)

プリント類などを集める機会が多い学校では重宝します。感覚的にはA4サイズは5個以上あれば大丈夫。学年にもよると思いますがそれ以上使う時はあまりないなあと思います。

宿題プリント等でB4サイズも結構使いますので、全部A4サイズにしないで、B4サイズも備えておくことをお勧めします。意外と使用頻度高いですよ。

ホワイトボードペン(大量保有)

手早く思考を可視化したい時に使えるのがホワイトボードです。私の学級ではホワイトボードが引き出しの中に入っています。ホワイトボードペンのインク切れが起こることが結構あるので貸出用に持っています。やっぱり、「先生、ペンのインクがありません!」で子ども達の思考を止めたくないので。

道具が教師の仕事の満足度を高めてくれる

たかが道具なのですが、我々の仕事の満足度を大きく左右すると考えています。

僕はエプロンバッグを購入したことで、仕事のスムーズさが格段に上がり自分の有用感が増しました。仕事の相棒といえる道具が増えていくと、私達は自分の仕事により魅力を感じるのかもしれません。日本全国の先生方の参考に少しでもなっていれば嬉しい限りです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました