結婚式を欠席したらどうする?人付き合いが変わる瞬間があるかも!?

結婚式の準備

結婚式という人生最大のイベントを終えほっとしているまつお(@matsuo_edu)です。

例えば台風のような緊急事態では行きたくても行けない、そんな時もありますよね。

結婚式でどうしても欠席してしまう時、皆さんはどのようにしていますか?

結婚式をした立場から、当日欠席した友人のその後の対応をパターンでまとめてみました。これから結婚式をする人は参考までに書いていますのでご覧ください。

この記事で伝えたいことは…

大切な友人であれば、当日欠席した時にはご祝儀を郵送で贈ろう!(悲しむから)

新郎新婦は、金額でなく「そこまでしてくれた心遣い」に胸が温かくなります。

1.ご祝儀を送付してくれた友人

 不慮の事態で来れなくなって、本当に行きたいんだけど…という言葉つきで、ご祝儀を送付してくれた友人もいました。凄くステキな心遣いだと思いませんか?

まつお先生
まつお先生

なんて素敵な心の持ち主なんだろう…

招待状で参加を表明してくれた段階で、式場での料理や引出物は手配してしまっています。お祝いの気持ちも嬉しいのですが、経費を考えてくれたのかなとも思って嬉しくなりました!

 自分が結婚式を行うまで、経費のことは深く考えては来なかったのですが、実際は三百万円~四百万円近くのお金がかかる大イベントですので、ゲストには配慮して貰えると嬉しいですね。

この友人は今後の人生においても、心から大切にしていきたいなあと思います。なんたって、不慮の事態で来れないにも関わらず、最大限の心遣いを頂いているわけですからね、感謝の思いでいっぱいになりました!

実は、ご祝儀を送付してくれた人にも二パターンがありました。

行けなくなってしまった時にLINEで「ご祝儀は送らせてもらいます。」という言葉があった人と、突然自宅にご祝儀が届いた人です。

結婚式を終えた後には、余った引出物をどうするかという悩みが出てしまうので、来れなくなった時点で、「ご祝儀は送らせてもらうね!」という情報をもらえると新郎新婦は助かります。

心の友
心の友

情報を届けるって仕事以外でも大事なんだね~!

送ってくれる気持ちは、どちらもとても嬉しいですよ!

嬉しいのは間違いないですが、ちょっと一声もらえると良いんだな~と学びました。

2.ご祝儀に関する話が出でこない友人

 行けなくなってしまったという連絡は入ったのですが、ご祝儀関係は連絡がない友人。

中には「今度、別の形でお祝いさせてもらうね」という声がありました。別の形って何だろう?と思って待っていても(待ち構えているわけではないのですが)音沙汰なしでした。

まつお先生
まつお先生

この人にとって、俺はそこまでの間柄だったんだな…

その相手は結婚式をしていた方なので、「あ~…この人とは今後の付き合いは薄くしていっていいな。」と正直思いましたよ。

これは、お金の話ではなくって…

結婚式をした人であれば、飲食代や引出物などに多額のお金が動いていることを把握しているはずですよね。突如行けなくなったことに対して「謝罪をすれば良い」という問題でもないと思うのです。

逆に自分だったらどうするか?

まつお先生
まつお先生

謝ります!そして、絶対に郵送します。誠意を尽くします。

大切な友人であれば、ご祝儀の形で私なら送らせてもらいたいと思います。ですから、この友人から私は「大切な友人」として認識されていないのだな、と捉えました。卑屈と言われればそれまでですが、そういう解釈を引き出されかねない行為なんですよね…

 この友人を糾弾したいわけではなく、これから友人の結婚式に呼ばれるときには、そういったことまで考えてお祝いをさせたもらいたいなと思った次第です!!

多くもらいすぎた場合はamazonギフト券がオススメ!

私達は、親族からこんなに多く?と、予想を超えたご祝儀を受け取りました。

まつお先生
まつお先生

とてもありがたいことだけど、ちょっと気が引けるな~3分の1でも良いからお返しできないかな

調べてみたら、お返しは半返し~三分の一返しが現在の妥当な額のようです。ということで私達は三分の一返しをすることに。

何を返すかで考えた結果、使い勝手の良い物ということでamazonギフト券に決定しました。贈る以上、喜んでもらいたいので、どんな人でも使いやすいものを選択しました。

ちょっとした心配りをしておきたいものです。

結婚式は一大イベントだからこそ…

結婚式を挙げて、人との絆、繋がりを強く感じました。人との結びつきを人生の中で強く感じる機会はなかなか多くありません。来てもらった人には最大限のお返しを今後の人生でしていきたいと考えています。心配りをいただいた人には、それだけ返していかなければなりません!!

まつお先生
まつお先生

これから結婚式を挙げられる皆様は準備がんばって下さい!

そんなことを考えている結婚式終わりのまつおでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました