春からロケットスタートを切る!小学校教師として『リアルに使える道具』を選んで紹介中!!

退職したい教員投資家の頭の中を整理~29歳の現在地と目指す地点~

株式投資
スポンサーリンク

投資信託・株式・仮想通貨と金融商品にさまざま手を出しています。

有益】20代教師が投資(資産運用)をする理由(2021年11月更新)

今回は、インカムゲインねらいで投資をしている「株式投資」を見ていきます。インデックス投資では、eMaxis slim 全米株式をメインで保有していますが、配当投資では見てもらって分かるように僕は日本株と米国株の二刀流です。

資産増大よりも配当額の増加を願うのは退職したいから

そもそも、なぜインカムゲイン狙いかというと単純で「退職したいから」です。

資産額がいくら2000万、3000万と増えても、きっと僕は辞める踏ん切りがつかない気がします。毎月のお給料が無くなって、いくらトリニティスタディの4%ルールに従って生きていけば成功すると言われたところで、きっと僕は不安になります。その点、高配当株なら毎月のキャッシュフローがあるので安心感が違いますよね。精神的安定の為に「税金で劣後する」というインカムゲインの特質を受け入れている訳です。

これまでの金融相場(コロナで市場にお金がじゃぶじゃぶ入りましたよね)であれば、資産額増大をねらっていきやすかったですが、もう業績相場に入っています。金利も上がるのは確定ですし、株式投資には不透明な要素が眼前に広がっています

そんな中では配当株への投資が良い影響をもたらしそうだと思い、成長力は薄いですが成熟して配当を出せる銘柄を選んで最近は投資しています。具体的にはNTTなどですね。これは、僕が尊敬する長期株式投資さん(@budoukamail)の著書を読んだことも影響しています。

PERやPBRといった指標を完全に理解できていないというビギナーレベルは卒業された方にとってこの本は良いと思います。なんとなく投資で始めた人が、PERなどの計算式を理解できるようになると投資家としてのレベルはぐっと上がりますので。そういう意味でもオススメですね。

スポンサーリンク

毎月1万の配当は達成!次の目標は毎月3万の配当金

僕は現在、税引き後で年間17万円の配当金を得られるようになりました。

僕が投資を始めたころは、100万円も資産がない状態だったのを考えると、凄く成長しました。あの時、両学長の動画に出会って投資を初めて良かったと心から思います。

2022年に入ってからQYLDへの投資をはじめまして、今では最も多くの配当をQYLDから受け取るようになりました。ただ、正直QYLDの今後は分かりません。もっと勉強していく必要は感じています。

税引き後の年間配当が17.3万と毎月1万の壁は突破しました。次の目標は3万*12か月=年間36万の配当金です。ここまでいけば複利の力を感じることができそうです。僕はまだ、複利の力を配当狙いの投資で感じていません。(インデックスもですが…)雪だるま式に増えていく段階に僕も早く到達したいです(‘◇’)ゞ

投資の種銭が増えるのが楽しみな僕がいます

話は変わりますが、妻が4月1日から仕事に復帰します。伴って1歳の息子が保育園に行きます。保育園のお金はかかりますが、妻も非常勤講師として10万程度は稼ぎますので月間5万ぐらいは投資に回すことができるお金が増えそうです。(甘いですか…?)

何だかキャッシュポジションが減ってしまったので、当分は現金保管しようと思っていますが、自由になるお金が増えるのはうれしい物です。

皆さんは4月から何か変化が起こる予定ですか?コメント欄で交流いただけると嬉しいです(^^)/

コメント

タイトルとURLをコピーしました