春からロケットスタートを切る!小学校教師として『リアルに使える道具』を選んで紹介中!!

僕の経験談だと教師の手取り年収は年20万ずつ増えるらしい

小学校教諭
スポンサーリンク

こんにちは、まつお(@matsuo_edu)です。めちゃくちゃ久しぶりの更新です💦

まつお
まつお

凄く久しぶりの更新です。今年は5年生担任なんですが、ボロクソにやられていてブログ執筆どころじゃなかったのです…。

教師の手取りに興味のある方は多いと思います。

教師を志す方は、教職の使命感に燃えている方が多いのですが、現実的な年収を把握することで一歩踏み出すことができる人もいると思います。そこで今回は、小学校教諭として勤務する私が26歳~29歳までの間に受け取ったリアルな数値を、源泉徴収票を見ながらまとめていきます。

この記事をオススメできる人
  • 小学校教師の仕事に就きたいと思っている人
  • 26歳~29歳の教師の年収の具体的数値を知りたい人
  • 教師の年収がどのように上がっていくか知りたい人

それではよろしくお願いします。

結論:毎年20万円ぐらいずつ年功序列で年収が増える

木製の壁に上向きのいくつかの白い矢印

以下の画像は僕の額面と実際に受け取った手取りをまとめた画像です。大体20万円ぐらいずつ増えている感じです。28歳から29歳での変化が大きいのですが、ここは息子が生まれた年で扶養手当がついたので大きくなっています。

画像を見る時は以下のことにご留意ください。

26~29歳の支給額と手取り額を見る時のポイント
  • 26歳~28歳は息子の誕生前です。一人分です。
  • 29歳は息子が生まれ「扶養手当」が加算された年です。
小学校教諭のmatsuo≪教員投資家≫が実際に受け取ったデータ

来年には支給額500万を突破しますね。

スポンサーリンク

主観的な感じ方は「最初は結構しんどい」

決断, 道, 道標, 交差点, チャンス, 選択, 方向, チャレンジ, ソリューション, 別, 将来, 戦略

実際の数値を使ってまとめましたが、実際の生活で僕が感じたこともまとめておきたいと思います。

教員をしていて特に最初は、生活の余裕なんて全く無く公務員の生活って予想以上に苦しいんだなと思った記憶があります。当時は、朝起きたらファミマでご飯を買いに行って、昼になればセブンイレブンでご飯買って…さらには2日に1回は煙草を買ってという生活をしていたのであれですが…。

まつお先生
まつお先生

まだ妻に出会う前だからといって、凄い生活だな…(笑)

ちょっと今の話に「俺のことか?」と思った人はとりあえずこれをオススメしとくわ。

年間20万だと月間1.5万ぐらいずつ自由なお金が増えていく

当時の暮らしぶりはひどいのですが、手取り額が1年あたり約20万増えるので、月換算すると1.5万ぐらい自由に使えるお金が増えていく計算になります。すると、生活が楽になるのです。初任者など、若手の方で給料苦しいから辞めちゃおうと思う人はもう少し視野を広く考えてみると良いです。あなたの人的資本は将来稼ぐ額の総和で計算できますから、「年功序列で上がっていく給与」と「退職金」を踏まえて転職を考えるべきだと思います。自分が転職を考えた時は、こんなことを考えていました。

これから教職に就く方なら、最初は苦しいかもしれませんが徐々に楽になることは知っておくと良いですね^^

まとめ:教師が好きなら年功序列は武器になるぜ!

さて、ここまでお読みいただきありがとうございました。

先日このようなtweetをしました。この仕事は大変で、面倒で、理不尽で辛い仕事ですが、それでも楽しい仕事です。この仕事に魅力を感じられるなら年功序列は良い制度になりえます。確かに爆発力はないですが、資産運用をしながら自由を増やし仕事もエンジョイしていくことができれば、あなたのQOLは上がるはずです。僕もいつまで教職を続けるか分かりませんが、今のところはそこを目指します。

まつお
まつお

不満垂れるだけの教員にはなりたくないもんね。

面白かった本の紹介をさせてください。この「株とお金儲けの教養」は、父と子二人の会話によって話が展開していくので投資初心者も分かりやすく学べます。嫌われる勇気みたいなイメージ。投資先をどのように決定していけばよいか知識がつくはずです。是非一読を!

それではまた、このブログに来てくれることをお待ちしています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました