教師の夏休みは戦略的に休み、やるべき仕事に着手!

学校教育について思うこと
まつお先生
まつお先生

1学期終了~~~!!やったー!!

始業式からノンストップでここまで駆け抜けてこられた先生方、お疲れさまでした!ここまで順調に来た先生も、苦しかった先生もいらっしゃるはずです。気持ちをゆっくり休めてくださいね。

休みつつも、無駄には過ごしたくないのが夏休みです。

まつお先生
まつお先生

今回はこの夏を20代小学校教諭の私がどのように過ごそうと考えているのかを紹介します!少しでも参考になれば嬉しいです(^^)/

出席簿、経営案、会計など提出物は一日で片付けろ

初任の時のことですが、会計簿を学校事務の先生に出したところ

学校事務
学校事務

会計の書き方がちょっと見にくいから直して

言われたところを直しに行って、見せて、直しての繰り返しを食らったことがありました。エンドレスに続いたので苦痛でした(笑)

周りの先生が言うには気の毒だったと。私も初任者だったので何も思わず言われたとおりにがんばっていたのですが、後で気付きました。こんな無駄な仕事の見栄えにこだわっている人に付き合っていては仕方がないと(笑)

事務処理的に間違えているのであれば問題ありですが、見栄え的な書き方などで何か言われたらその場を流すことをオススメします!!

結局私は先輩の助言を受け、提出時間ぎりぎりの時に全く直しもせず出したら問題なくパスしました。この経験から私が考えた事のは…

まつお先生
まつお先生

誰かの気分で自分の仕事時間を奪われるのはたまったもんじゃない。子どもに関係しない提出物は事務的にOKなら、こだわる必要はない!!

2学期制なら成績付けと所見を先回りして書いてしまえ

9月から10月にかけて通知表配布が予定されている2学期制の先生方も多いですよね。

私は3年目を過ごすまではちょうど1か月前あたりから成績と所見を本格的につけ始めていました。本校はエクセルで成績表を作っているのですが、そのファイルを管理するようになって気付きました。

まつお先生
まつお先生

成績も所見もこれ直前に切羽詰まってやる必要ないね。夏休みの間に所見なんて完成させとけば、直前に見直せば完成させることができるじゃん…。

当たり前を疑う事って大事です。

みんなが直前にやっているからと合わせる必要はありませんよ。子ども達の姿が鮮明なうちに所見を書いておくと心の余裕にも繋がります。何より9月の成績付けシーズンに、成績のために子ども達と十分に関われないなんてことを回避できます

是非この夏に取り組みたいポイントです!

指導要録の書けるところはパターンで書いてしまえ(手書き校のみ)

本校は残念ながら旧時代を生きています…。

というのも、指導要録が令和になったこの時代においても手書きなのです。

初任者の皆さんは指導要録がどういうものか分かりませんよね。指導要録はよっぽど有名人になるか、犯罪者になるかのどちらかでしか活用されないと聞いたことがあります。ほとんどの子どもの指導要録は書いても誰も見ないものです。ここにそこまでの労力を費やす必要はありません。

所見を書く欄もありますが、ここにびっしり書いている先生がいます。正直に言って時間の無駄だなあ、自己満足の域を出ない作業だなあと思います。

夏休みの時間がある時にここを少しで良いのでやっておくと手書きの場合は年度末が楽になります。勿論、気楽にね。未来の自分への投資だと思えば意気込んでやれるかもしれません!

2学期中の学年行事の手配は夏休み中に済ませてしまえ

2学期にロケットスタートを切るために見学先などへのアポイントは勿論、学校内での起案など、必要な手続きはしておきましょう。

夏休みに社会科見学の詳細を途中までやって詳細が詰まっていなかったために、2学期に入り社会科見学の直前になって慌てた経験があります。後でやろうと寝かせるのも良いですが、極力一度取り組んだ仕事はある程度の形で完成まで持って行った方が良いです。

一通りの流れができてしまえば寝かせておくのはOKです!

校務分掌の仕事も2学期までの見通しを持て

同じです。校務分掌で後からやってくる仕事は今のうちに目星をつけましょう。

情報主任の私は、ホームページレイアウトの作成、個人情報持ち出しの申請書作成などをやっています。児童会や、体育関係など重い仕事の場合は夏休み中に戦略を立てておきたいですよね。

まとまった休みが取れる夏は観光やイベントで心を耕すのが吉

仕事ばっかりしていてはもったいない!

夏休みだからこそ、いろいろな場所や環境に触れて心を耕しましょう。子ども達は夏休み明けに自分の夏休みを振り返って紹介しますよね。今まではやってこなかったのですが、今年は子ども達に混ざって自分の夏休みも紹介したいと考えています。

こちらが情報開示すればするほど、子ども達との関係が温かくなります。教師側から心を開放していくことで子どもも開放してくれるようになっていきますよね。今年は子ども達に伝えることを視野に入れながら、夏にしかできない体験、景色に心を動かしてきます!

まつお先生
まつお先生

私は新海誠監督の大ファンなので天気の子は最高でした!!映画も、普段の教師としての自分から離れさせてくれる良いものですね。まだ見ていない方は是非お勧めですよ~!!!映像美が半端ないです。

読書の夏にしよう

まつお先生
まつお先生

また今年の夏も本を読めなかった…(3年連続3度目)

夏休み期間中って先生方にとって一番良いインプットの時間ですよね。

恥ずかしい話ですが、最近3年間は毎回読書の目標を達成できずにいます。夏休みになると魅力的なイベントがあるからそっちに流れがちなんですよね。でも、ここでしっかり読書ができれば自分の二学期からの力になってくれるはずなのに!!

今年こそは読書をしっかりする!!私が読んだ本の中で絶対にオススメできる本は記事にまとめていますので是非ご覧ください。

私がこの夏に是非読みたいと思っている本がこちらです!!

twitterで最近は低浮上ですが以前は活発に活動されていた葛原先生(@barikiii)の著書です。宿題にPDCAを盛り込んだ話ですね。最近だと、麹町中学校の工藤校長が宿題を全廃したという話もあるので関連して読んでみたいなと思います。宿題の話も魅力的ですが、著者の葛原先生の学力観が独特で、魅力的なのでそういった見方をしたいなあと思っています。

私は教科指導の中でも特に国語が苦手なので力をつけたいと思っています。こちらもtwitterでよくお見掛けする土居先生(@masadoi413 )の著書です。国語だけでなく教育に関する情報もたくさん得られる先生ですのでフォローしておくと良いですよ!

無計画ではなく、戦略的に夏を過ごそう!

まつお先生
まつお先生

夏を制する者は、今後を制する!

2学期からのロケットスタートを切るために必要なことをやりつつ、自分の心が喜ぶことを惜しみなくやる。

夏休みはこれに尽きますね!良い夏を過ごしましょう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました