現役小学校教師がこの夏の読書にオススメする書籍5冊をチェック☆

投資による含み益がもうすぐ100万円!持ち株公開(2021年3月)

資産運用・投資
スポンサーリンク

こんにちは、まつお(@matsuo_edu)です。すっかり年度末の忙しさと子育てに奔走で、ブログ記事の執筆が停滞していました。現在、家庭事情により少し余裕が生まれたので、ブログを執筆していこうと思います。

今日は投資にフォーカスした記事です。保有している金融資産の一覧をポートフォリオと言いますが、今日は僕のポートフォリオ(PF)を公開したいと思います。他人がどんな銘柄を持っているか興味があるので、皆さんのPFも教えてもらえると嬉しいです。

日本株式のポートフォリオ(+494,515円)

お金, コイン, 投資, ビジネス, ファイナンス, 銀行, 通貨, ローン, 現金, 住宅ローン, 富, 値

早速ですが、現在の僕の日本株ポートフォリオを紹介していきます。今回紹介する内容はあくまで「こんな形で投資しているんだよ」という実例を紹介しているだけであって、この銘柄を推奨している訳ではないのでご理解下さいね。

ある程度の額まで行ったら、逆指値で急落したら自動的に売るように仕組みを作っています。

心の友
心の友

特に米国株なんて値幅制限ないから一晩にしてどん底まで落ちるからね。

以前までチャームケアコーポレーションを保有していましたが、この自動売買の仕組みによって自動利確されました。まだ保有していても良かったのですが、暴落に備えての仕組みなので、まあ仕方がないと諦めています。また値段が下がってきたら買う作戦です。

スポンサーリンク

コツコツと1株ずつ資産を積み上げる作戦

さて、僕のPFですが配当金や株主優待ねらいの株式が並んでいます。

この中の多くが、SBIネオモバイル証券でコツコツと積み上げてきた銘柄になります。過去に何度も言っていますが、コロナ暴落の時に仕込んだ銘柄は強いです。イオンFS、オリックス、三菱商事などが当たるでしょうか。コロナ前に「高値掴みしちゃったよ…」と嘆いていたはずのブリヂストンですら、含み益になっています。

まつお
まつお

今の株価が高いか安いかは、極端な話、未来になってから振り返らないと分からないんですよ。

もしあなたが「今の株価は高すぎる」と思って買い控えているのだとしたら、重大な機会損失をしているかもしれません。そういった方には少額から資金投入してみることをお勧めします。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-1.png

SBIネオモバイル証券は1株から買えますのでオススメです。


僕が使っている証券口座は三種類です

僕はSBIネオモバイル証券の他に、楽天証券SBI証券も口座開設して使用しています。主に100株単位で買っているのはSBI証券に保有しています。他に米国株式を購入する時はSBI証券を使っていますね。やはり為替手数料が安い住信SBIネット銀行との連携が強いですから^^

楽天証券は主に短期で購入する時に使っています。

投資信託のポートフォリオ(+314,962円)

投資信託は主に「つみたてNISA」で購入しています。楽天証券では5万円までクレカ購入が可能で1%のポイントがつきますので、不足分の16667円分は特定口座で購入しています。

投資のいろはが分かっていなかった頃に購入したTOPIXもありますが、基本は米国株式や先進国株式です。深く考えずに、ただ機械的にお金を投入していただけですが+31万円

2019年11月からの運用なので、1年と4か月で31万の利益です。これは間違いなくコロナ恩恵ですね。暴落があったからこそ、資産の伸びがある。暴落時にたくさん買えるドルコスト平均法の+の面を最大限活用しているわけです。個別株の時も触れましたが、どれだけ暴落時に仕込めるかです。

心の友
心の友

簡単に言いますが強烈な胆力が必要なんですよね

暴落時に仕込むには現金余力が必要な訳で、普段からフルインベストしていると買いたい時に買えない状況がやってきます。資金繰りの作戦が必要です。

米国株式の状況はこちら(+1195ドル≒約13万円)

最近は買い増しをしていないため、これまでと所有状況は変わっていません。

高配当ETFのSPYDが凄い勢いです。こちらは暴落時に死にそうになりながら買い集めた銘柄です。世界中が「サーキットブレ―カー来たー!!!」「緊急事態宣言?ロックダウン!?」となっている中で、買い進めました。

こういう時のちょっと後が買い場なんですよね。

世界中が目の前のコロナに怯える中で、数か月~数年の未来を描き種を蒔くことで利益幅を狙えることが改めて証明されました。今回は、強力な財政出動が出ているため、今後の暴落ではどうなるか分かりませんが暴落=買い場は間違いないと思います。

資産状況は順調に増え、現金余力が膨らんでいる

2月末までの状況をまとめたグラフです。

昨年9月~11月まではフルインベストに近い形でしたが、最近は利確を少しずつ進めている影響もあり現金比率が高くなってきました。現在の株価状況はやはり高く、どこかで調整が来ると思います。その時までに、インデックス投資は引き続き実行し、高配当株投資は待ちの姿勢を貫きたいと思っています。それが数か月先でも、1年後でもって感じです。

心の友
心の友

「休むも相場」って言葉があるよ^^皆さんも楽しい投資生活を送りましょう!

久しぶりの記事更新でした。最後までありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました