1週間「夫婦ブログ」を運営して感じた大切な事

20代夫婦

 私たちは令和になった5月1日からブログの運営をスタートしました。約1週間が過ぎ、ブログ運営に関しても少しずつ知識をつけ初め、お互いのペースで歩みを進めています。

 今回はブログを運営して感じた大切なこと、夫婦の歩みの一部としてのブログ運営について書いていきます。について

誰かとの共同ブログはセキュリティ面が心配だった

 ブログを共同運営することは難しいのではないかと思っていました。セキュリティ面で危ないのではないかと。一つのIDで他者と同じブログを作るなんて個人情報が無いようなもの…。

複数の人が同じIDを使ってブログを書くのかな?セキュリティとか心配だよ~

 Wordpressなら違うIDで運営することもできますし、夫婦であれば別に同じIDで書いてトラブルなんてリスクも少ないと思います。共同ブログの中でも、夫婦ブログは安心感を持って取り組んでいける仕組みだなあと感じています。

夫婦ブログに取り組んで感じた5つのメリット

ブログを二人の「思い出資産」にすることができる

 ブログそのものが二人で共に歩んだ軌跡になります。

 夫婦で過ごしてきた歩みなんて普通は目に見えないじゃないですか。交換日記や学級日誌的な物を書いていくことも考えられますが面倒ですよね。毎日更新できなくても、後で振り返った時に

やまこちゃん
やまこちゃん

この時はお互いしんどかったよね~私たちもいろいろ乗り越えてきたね!来週は○○もあるし、また楽しんでいこうね!

なんて話ができたら最高じゃありませんか?ブログは夫婦の歴史を見える化するツール

 思い出資産として夫婦でブログを運営していくライフスタイル…。新しい時代の夫婦の形って感じがしませんか?夫婦ブログは「夫婦で進めるRPGゲーム」的な要素があって楽しいですよ!

パートナーの考えている事が分かる 情報の自動共有化に成功!

 わたしたちも世の中の新婚夫婦と同じように、夫婦の間のコミュニケーションはしっかりと取ってきました。最近であれば、Timetree等のカレンダー共有アプリ、Slack等のタスク共有アプリを使いながら同じ方向を見て歩めるようにしてきました。

 今までの私たちのコミュニケーションは「発信型」でした。自分が伝えたいことを言葉にして届ける、発信して初めて相手に届ける一般的な形。それが今は「自動共有型」になっています。お互いの記事を読むことで、

まつお先生
まつお先生

うちの嫁は発達障害の子ども達と関わった後の記録を大事にしているんだ。ほぉほぉ、がんばっているなぁ。食事の時にもうちょっと聞いてみようかな。

という風に、夫婦間で直接やり取りする以外の所での情報共有ができるようになりました。

 これ、いいもんですよ。相手に投げるボールは、選ばれた言葉です。ブログで記事にした言葉は、自分の中で整理しきれていなかったことを整理しながら書いてますから、コアな部分が結構出てきたりします。考え方の奥深く、価値観とも言い換えることができるでしょうか。

 
令和夫婦の在り方の一つに、コミュニケーションの中心にブログを置くのも良いかも

相談して運営ができる

まつお先生
まつお先生

ブログのスキンはどうする?どういう感じが良い!とか希望ってあるかな?

やまこちゃん
やまこちゃん

うーん、黄色っぽいデザインが可愛くて良いんだけど、それでも良いかな?

 単独運営であれば、自由にカスタマイズすることができます。夫婦で運営する場合にはカスタマイズ性を単独で行えないという点はあります。しかし、私たちのようにWebデザインなどに長けていない夫婦の場合は、必要以上に外見にはこだわりません。

 記事の中身やWebページの外観を、二人で相談しながらブログ運営ができる点は夫婦ブログならではの良い所ですね。

日々の生活が「ブログのネタ」になる

 夫婦生活ではさまざまなイベントやタスクを共有しています。

やまこちゃん
やまこちゃん

良い式場だったね(^^)/ねぇ、今日の結婚式場見学のことブログに書こうよ!

 二人で生活を行った全てがブログの題材として取り上げることができます。先日は、ブログに載せたいがために、

まつお先生
まつお先生

大きな滝があるんだけど、そこリサーチしてブログにしない?

やまこちゃん
やまこちゃん

いいね~!あれ、でもたしか明日は雨だったぞ(^^;)

 予想通り雨でリサーチには行けませんでしたが、このように二人の間に「ブログ」を介して、違う方面に派生させていくのは楽しいです。今後もこんな会話を増やしたいなと思います。

夫婦ブログでは「ネガティブ言葉」と「強要」に気を付けたい

相手の記事に対してネガティブなことは言わない(家庭生活と同じ)

 夫婦といっても違う人間ですよね。だから、自分が考えていることを相手も同じように考えてくれていると思い込むのは違いますよね。ブログの記事についても全く同じことが言えます。相手が書きたい内容を尊重して否定的な言葉使いをしないことが重要です。相手が書いた記事に対して、

やまこちゃん
やまこちゃん

まつおさんの記事、長くて読みにくいと思うんだけどな。

まつお先生
まつお先生

書きたいのは分かるんだけど、その記事ってニーズある?

なんて会話を始めてしまったらもう食卓は戦場ですよ(笑) 相手の記事に対してネガティブなことを言うのではなく、お互いを尊重してやっていくことが大事だと感じました。 

書きたいときに、書きたい人が書く。(相手に強要しない)

 私が忙しい時もあれば、嫁が忙しい時もあります。定期的に更新をしていくつもりが気分が乗らず書けない時も来るでしょう。そういう停滞してきた時に

まつお先生
まつお先生

最近記事を書いていないんだから、早く書きなよ!!

 なんて口に出したら、相手はブログを書きたくなくなりますよね。私たちのブログは「夫婦の思い出の記録」であり、コミュニケーションツールでもあります。だから、書きたいときに書きたい方が書きたい内容を書けば良いのです。

 ブログを書くこと一つを取り上げても、相手には相手のタイミングがあるということを忘れずに過ごしていきたいものです。

さいごに

 夫婦ブログをする中で得た気付きをあげて終わりたいと思います。

・夫婦ブログは最高の深いコミュニケーションツールに成り得る!

・ブログで夫婦の仲を良くもできるが、悪くすることもできてしまう気がする。

・夫婦ブログは「夫婦で進めるRPGゲーム」的な要素があって楽しい。

最後になりますがブログ仲間を絶賛募集中なのでフォロー下さいね( ;∀;)

 夫▶まつお先生@教育、お金、働き方改革 嫁▶やまこちゃん

コメント

タイトルとURLをコピーしました